『Rain』(Sam Usher)英語絵本の紹介

Rain-Sam 英語

雨の多い梅雨の時期。外に出られず、家でじっとしてるのも退屈。

そんな梅雨の時期にぴったりの絵本をもう一冊紹介します。

「Rain」(Sam Usher)という英語の絵本を紹介します。

タイトルの『あめ』から、この絵本は、雨の季節にぴったりの英語の絵本です。

Rain-Sam

対象年齢:幼稚園生から小学校高学年向け(英語圏の幼児~小学校低学年向けの本なので、ノンネイティブだとそれよりちょっと年齢が上の子たちが対象です)
長さ:312ージ
サイズ:30cm(縦) x 22.5cm(横)
英語の量:1ページに3行から5行程度の文章で、ちょっと長めの英語絵本。


物語はちょっとファンタジーな感じです。

朝起きたら雨が降っていたけど、外に行きたい男の子。
しばらくすると雨が止み、外におじいちゃんと出かけるのですが、そこは不思議な世界・・・。

男の子が、雨で海のようになった町をおじちゃんと航海する空想を描いているのが面白いです。
また、イギリス人作家のSam Usherさん、イラストもイギリスの街並みを思わせる優しいタッチです。

難しい単語もあまりなく、ちょっと長めの本ですが、読み聞かせしやすい文章です。
雨の日に読む、素敵な絵本の一冊です!📚✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました